バレエ立ちでO脚が治る? | 簡単に美脚になる方法

バレエたちでО脚が治る?そんな噂があるようですが、その噂は果たして本当なのでしょうか?もしもそれが本当だとしたら、どういう理由で効果があると言われているのかをまとめてみました。誰でも簡単な美脚になる方法です。

О脚っていやですよね。特に女性にО脚で悩んでいる方が多いようですが、最近では男性もО脚で悩んでいる方が増えているようです。

ところでО脚を改善するのにバレエが効果があるという話を聞いた事はありませんか?確かにバレエをしている方というのは常に姿勢がよくて、足のラインもビシッとまっすぐですよね。

あの美しいラインは普段のトレーニングの賜物であるというわけですね。という事はバレエは美脚になる方法なのでしょうか?でもバレエをやるのには大人になってからでは遅い!そこで誰にでもできるバレエのО脚に効果がある立ち方をご紹介いたします。


O脚の原因は内腿にあった!

まずはО脚になってしまった原因についてを追及しますと、О脚の原因の一つは内腿の筋肉が弱くなっているという事ですよね。

どういう事かというとО脚になる原因は筋肉のバランスが悪い事が原因です。それは例えば内股に見えるように普段から気をつけている女の子がいたとしましょう。内腿には力は必要ありません。

筋肉や筋は必然的にその形を維持するために、外側の筋肉を使って内側に足をねじるような形を作り上げようとします。これがО脚の原因となっているわけですが、バレエではこの弱ってしまった内側の筋肉を使った立ち方があるのです。

つまりバレエの立ち方の中に美脚になる方法が隠されているというわけですね。


О脚に効果があるバレエの立ち方って?

バレエの基本的な立ち方の中に、つま先を外側に90度ほど開いた状態で立ちます。これが基本の立ち方で、実はこの立ち方をするためには内側の筋肉を必死に使わないといけません。

つまりО脚の原因となっている弱った内腿の筋肉を使って、両足の膝をピタッとくっつけた状態で立っていないといけないのです。もちろん最初のうちはそんなに開かないかもしれません。

でも徐々に慣れていくので最終的には90度開いて立てるようにしましょう。


開いた足を前後に交差して立つ

この立ち方は基本の立ち方をした状態から、足を交差させて立つという立ち方なのですが、後ろ足を軸にして立つので前になった足は添える感じで立ちましょう。

この立ち方もバレエでは基本中の基本ですね。その立ち方をして両手を前に添えるとプリマのイメージが出来上がります!美しい足のラインが欲しいという方にはおすすめの美脚になる方法なので、ぜひ毎日5分ずつ使ってバレエの立ち方をしてみてください。

何も決まった時間にする必要はありません。例えば電車の中で移動中とか立って乗る乗り物に乗った時などにやってもいいですね。とにかく毎日続ける事に意味があるので頑張ってみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ