O脚に悩む方への治し方のすすめ

肌を見せる季節になると憂鬱になるのはO脚の方も同じことですよね。せっかく可愛いミニスカートを買ってもO脚がネックでなかなか勇気が出ないという方も多いのではないでしょうか。

そんなO脚の治し方がわからず悩める方々に、無理なくO脚を治せる方法を紹介したいと思います。

O脚とはそもそも骨盤の歪みが原因で生じているもので、この骨盤の矯正をしない限りはO脚とはさよなら出来ません。

生まれつきのO脚という人も存在はしますが、ほとんどの方は普段の生活習慣が原因なのです。この生活習慣による後天的なO脚というものは、必ず治すことが出来ます。

つまり普段何気なくやっている原因の元を突き止めることこそがO脚改善の秘訣と言えるでしょう。

O脚の治し方として、大きく分けて二通りあります。

手っ取り早く治したいのであれば整骨院等で改善してもらう方法です。専門家に診てもらうことで安心してO脚矯正をすることが出来ます。しかし、そんな時間も余裕もないという方も多いでしょう。

その場合は自力で治す他ありません。ここでは自力で出来る治し方を紹介します。

骨盤の傾きには個人差がありますが、O脚の方の骨盤は前や後ろに大きく傾斜しています。正常な方と比べると立ち姿でその違いは一目瞭然です。ということは、骨盤の位置を正常に保つことができれば自然に治っていくというわけです。

現代人は椅子の生活に慣れ親しんで正座をする機会が失われています。実はこの正座こそがO脚を治す救世主だったのです。

勿論崩した座り方はNGです。両足の間におしりを落としてしまうような座り方は良くありません。横すわりなどもってのほかです。ここにO脚の人の原因が隠されていたのです。

正しい正座をしてこそO脚改善の効果が発揮されるのです。

まずは座布団かクッションを用意します。その上に膝立ちで一旦座り、両方のかかとと膝を左右くっつけ、正しい姿勢でおしりを落とし正座をします。

内股が離れないようぴったりくっつけることを心がけて下さい。かかとは絶対に立ち上がるまで左右ピッタリとくっつけた状態を保ちましょう。

最初のうちはすぐに辛くなると思いますが、無理をせず少しずつ慣らしていきます。なるべく家で座る時はこの正しい正座をするように心がけます。

一日に1回、数十秒でも構いません。毎日できるだけ続けて下さい。いつの日か忘れた頃に「あれ?膝がくっついた!」と気がつくことでしょう。

ただし、この方法は一朝一夕で効果が出るものではありませんので、気長に進めてみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ