O脚の原因と効果的な治し方

O脚で悩んでいる人は少なくないと思いますが、そもそもO脚は膝より下に空間が出来てしまってOのような形になった脚の状態のことです。脚のラインが悪く見える原因にもなるので、脚が短く見えてしまい全体のスタイルも悪い印象になってしまいます。

O脚の人は「生まれつきだから」「親の遺伝」と思っている人は多いようですが、実は生活習慣が原因になっているとも言われてるのです。

生活習慣で最もO脚になりやすいものとして普段の座り方があります。ぺっちゃんこ座りと呼ばれる両脚の間のお尻を落として座る姿勢を長時間続けていたり、長年の癖で座ってしまっているという人は要注意です。

この座り方では骨盤や膝の歪みを誘発する恐れがあるのでO脚になりやすい座り方と言われています。

歩き方に関しても足先が外側に流れるような歩き方をしている人はO脚になりやすく、さらに立ち方も片脚に重心を置いているような形ですとこれらも骨盤の歪みの原因になってしまいます。

また高いヒールを好んで履いている人はO脚がさらに治りにくくなるのであまり長時間履かない方が良いでしょう。

治し方としてはまずこれらの原因になっている座り方や歩き方、立ち方などを一切行わないように心がけてください。

またO脚の治し方として効果的なエクササイズがあります。まず両足をそろえて立ちます。次に両かかとをつけた状態で、膝小僧が正面を向く位置までつま先を開きます。

両膝をつけるように、すね・膝・内ももを内側によせて、この状態で、腰を中腰くらいの高さまで降ろします。すね・膝・内ももは内側に力を入れたまま、お尻と下腹部を締めながらゆっくりと膝を伸ばしてください。

すね・膝・内もも・お尻・下腹部は力を抜かず直立の状態で5秒間保ちます。

また、両膝の間にバスタオルを畳んだ物やクッションを挟むと、内ももにより負荷がかかり効果的です。これを毎日定期的に行うことでO脚も改善に繋がります。

しかもこの治し方に関しては高度な技術や高価な道具は必要ありませんので誰でも簡単に始めることが出来るのでおすすめです。なのでO脚で悩んでる方は是非試してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ